地質、土質、基礎地盤、地下水など地下の不可視部分について、地質学、地球物理学、土質工学などの知識や理論をベースに、地表地質踏査、物理探査、ボーリング、各種計測・試験などの手法を用いて、その「形」、「質」、「量」を明らかにする。
                「地盤調査の実務」関東地質調査協会より抜粋


        

         孔内試験・・・標準貫入試験・水平載荷試験・透水試験・ルジオンテスト・PS検層・電気検層他
         サンプリング・・・土質試験(密度・含水・粒度・粘土・液、塑性・湿潤密度・一軸、三軸(UU.CU.CD)
         コアリング  ・・・岩石のコア取り・岩石試験(物理的化学的試験・力学的試験)
  


  現場透水試験のボアホール法の作業詳細説明を明記しました。ここをクリックして下さい。


    建築構造物・土木構造物・橋梁・道路・擁壁・のり面・砂防・堤防・河川・防災他のコンサルタント的業務





 新設部門


■平成14年12月10日付けで申請のあった指定調査機関の指定につきまして、土壌汚染対策法(平成14年法律第53号)
 第3条第1項の指定に基づき環境大臣の方から「指定調査機関」の指定を頂きました。                    



      1.土壌・地下水・地下ガスのサンプリング

      2.ボーリングや原位置での調査・計画

      3.地盤解析や地下水シュミレーション

      4.修復後のモニタリング

   

      1.汚染原因物質の化学分析

   

      1.土木工事

      2.水処理

      3.物理・生物・化学処理

調査の領域では、これまで地質調査で培ってきたボーリング、サンプリング、探査、計測、試験並びにその調査結果に基づく解析・判定
などのコア技術が土壌・地下水汚染に関する調査においても有効なツールであり、これまでもこの分野については地質調査業者が多く
手がけています。
地質調査業者が有するコア技術は、「ボーリング」「井戸」という工事的要素をもつものであり、これからの調査及び修復工事において
「分離抽出した有害物質の処理技術」を付加することによりいろんな対策が検討できるようになります。


社)全国地質調査業協会連合会
社)熊本県地質調査業協会
社)地盤工学会
社)全国さく井協会



地質調査に関する各見積及びご質問は、こちらまでメールにてお受けいたします。